お通し.

ソウル食堂

食堂だからね、好きなものを注文して飲み食いって思ってました。

だから 「お通し」 はナシ。

でも、自分がお店を利用すると直ぐ出るでしょっていう料理が全く出てこない

本当は、キムチで生ビールをゴクゴクいきたいのに

ビールが飲み終わったころに出てくる。

全く、お客様の気持ちに添っていない営業でした。

ゴメンナサイ。

これじゃあ、美味しいわけがないし、楽しいわけがない。

再開するお店は、

IMG_9040.jpg

この器に、お通しを提供しようと思ってます。

自慢のキムチとイカキムチ、それにもう一品。

飲み物と同時に提供されて、これをつまみながら注文した料理を待つ

そんなイメージ。

注文もしてないのに勝手に出てくるお通し

やや不満があるなら内容でカバーです。

お通しで出されるおつまみを追加で注文したくなるような・・・

そんな感じでガンバリマス。

未だ、スタッフは決まらず。

「自分やりたいです」 という人は、

姉妹店の Bar Gimme Shelter にメールを下さい。

shelter@daicyu.com です。

Shinji Omiya.
スポンサーサイト



再スタート.

9月からお休みを頂いておりました。

いろいろと再スタートをする準備を整えて参りました。

お料理、ドリンク、オペレーションなど、

再開するのにあたり、イメージ一新です。

店名は  RED CHILI SEOUL

RCS ショップカードWEB 2023-10-15


今まで韓国の小料理屋さんになりたくて頑張ってまいりましたが

これからは、コリアンバルとでも言いましょうか

ヒップでクールな韓国酒場を目指します。

弊社の得意とするところです。

しか~し、未だにお任せする人が決まっておりません。

たぶん、社長がチヂミを焼き、庄子マネージャーがビールを注ぐ

そんな感じでスタートするかも?

先ずは、店名を決めて、インテリア変えをして

スポーツもカッコから入るのと同様、準備致します。

これからは、ソウル食堂ではなく、「レッチリソウル」 と呼んで下さい。

多分、そうなります。

よろしくどーぞ。

Shinji Omiya.

Tokyo③

一夜明けて2日目。

この日はお昼前にソウル食堂でお世話になっている韓国料理屋さんへ

平日のお昼時ですが店内はテイクアウトでお弁当を注文する人で4〜5人ほど並んでいます。

そしてテーブルにはお弁当の容器が机一面に並べられており

行事かなんかのお弁当の発注でしょうか?

この光景だけでも地域に支持されているお店と分かります。

忙しい時間帯のため、最初は定食で注文をします。

こちらはカルビ定食

20231003210812524.jpeg


お肉が程よい焼き加減で自家製のタレにつけているため

朝から思わずご飯が進んでしまいます。

タンの定食も火入りが絶妙です。

お肉が硬くなる一歩手前でしっとり柔らかくもタンの食感を楽しめます。

20231003210939b59.jpeg


〆のスープ

202310032113405a2.jpeg


少し辛みのあり、コクがありながらもどこかあっさりとした飲みやすいスープ。

人気のメニューだそうで、社長が事前に予約をしてくださっていたようです。

2日間のボリューム満点の研修旅行はこれにて終了です。

これからは仙台に帰ってアウトプットの時間

ソウル食堂のメニュー、しっかりとリニューアルしてお客様にご満足いただけるように頑張ってまいります。

Naoto.

Tokyo②

東京研修、夜の部です。

社長に見つけていただいた韓国料理の立ち飲み屋さんへ

最寄の学芸大学駅から歩いて約5分くらい

商店街から少し外れた場所にポツンと佇んでいるお店でした。

202309221430083bf.jpeg


料理も小皿料理がメインで

カジャンソースをかけた冷奴や

20231003195522053.jpeg


ナムル盛り合わせと味付け卵

2023100319563111a.jpeg


そして何より自分が1番気に入った料理がこちらの海鮮チヂミ

20231003200040193.jpeg


かなり具沢山でまるでしシーフードピザのような感じです。

そこの面はカリカリですが、海鮮が乗っている方はフワフワとしていて

食感が楽しめるチヂミでした。

店内を見回すと20代後半〜50代まで幅広い年代の方が利用していて

1人で夕食とお酒を楽しむ人もいれば

韓国料理をつまみながらお酒をメインの方もいて

多種多様な人種が程よく調和した1番一つの空間といった感じがしました。

接客も素晴らしいお店で、また来たいなって思えるそんなお店です。

Naoto.